MAISON DE TAKA ASHIYA

Report

2020.-〇‐〇- Wedding / SOU & MOMO 

2021.02.03

Wedding Reportを纏めるにあたり、
お二人との思い出がたくさんあり過ぎて、
ここ数ヶ月悩みながら(笑)初めてお会いした日から
結婚式の日までのこと。
それから式後の今のこと・・・。
思い出を手繰り寄せ、改めて素敵な出会いに感謝しています。

はじめてメゾンドタカ芦屋にご見学に来てくださった約1年前の日。
揃ってメガネ姿のふたり。
新郎souさんと新婦momoさん。

お二人にお会いしてすぐに、
言葉で多くの説明をするよりも、
お店の雰囲気や佇まい、私たちが拘っている部分などを見てご自身達と合っているかを重視されるだろうな、と直感しました。

館内のご案内中も、ところどころにシェフの拘りのインテリアや小物をみつけるたびに
立ち止まり感銘を受けてくださり、私も嬉しくてゆっくりゆっくり一緒に館内をまわっていたことを思い出します。

ふたりの世界観、結婚式に対しての思い、じっくりお話を伺って、ふたりのセンスや
お人柄、お話のユニークさ、感覚、がとても面白くてお会いした日にすっかりファンになってしまいました!

一緒に見学に来てくださっていた新婦momoさんのお姉さんもとっても楽しくて素敵な方で。
三人の会話を聞いているだけで自然とリラックスしてくる、そんな姉妹関係にも居心地がよくて。

新郎souさんは、頭の良いユニークな人物だなぁと思ったのが第一印象。
冷静に客観的にも考えてくださるので、とても話しやすく言葉のチョイスも秀逸!

新婦momoさんは、誠実でまっすぐな方!
正直で熱いハートの持ち主で、少しだけシャイで。対する人へどこまでも気遣いを忘れずに全力で向き合ってくれる、そんな素敵な女性です。

お越し下さったその日に、連名で丁寧なお礼メールをいただきました。
とてもとても嬉しかったことを覚えています。

きっとこのまま長いお付き合いになるだろうな、
と自然と感じて、その感覚はやっぱり正解でした。
この日からお二人と私たちメゾンドタカとの結婚式準備が始まっていきます。

お二人との打合せがいつも楽しみで
もっと話したかった~!と言いながら、時間がいつも足りないぐらい楽しかったことも良い思い出。

準備期間中には、感染症の流行もあり、
開催するべきか、延期なのか、それとも家族だけなのか、etc
心を決められるまで、本当に悩みに悩んで苦渋の決断をして
結婚式を挙げることを決められました。

「ゲストに笑ってもらいたい」
「タカの食事を楽しんでもらいたい」
「私たちふたりのことを知ってもらいたい」

と、ウエディングテーマを
”笑顔あふれるアットホームパーティ”と名づけ、一生懸命に準備を進めてこられました。

そんなお二人の心温まるウエディング”のお写真を
沢山ご紹介させていただきます!


~・~・ 2020-〇-〇-Wedding SOU  &  MOMO ・~・~

 

秋晴れの一日のはじまり。
一軒家の玄関先には新郎souさんのお母様作成のウエルカムボードを。

そしてゲスト待合室は、居心地よく楽しく過ごしていただけるように、二人からのおもてなし。

大学で写真も学んでいた新郎Souさん。
撮影したmomoさんとの思い出写真で壁面を埋め尽くしました。

~まさに、ふたりの写真展~

出会いから今日までの軌跡。
日常を切り取ったいつもの表情。
どれだけ二人が仲良しか見るだけで伝わってきます。
初めてのデート。
思い出のデート。
変顔・・・(笑)

そこにユラユラ~と揺れているモビールは、新婦momoさんの作品。
芸大出身でモノづくりが好きなmomoさんは日々モビール作成にも力を入れています。
この日のために作成したモビールをゲスト待合室に装飾しました。


お気に入りのドレスとタキシード姿のおふたりの撮影。
カメラマンのKawataさん(@capelight)とも、初めて会った日に二人の写真を撮っていただき
ふたりもずっとその写真を大切に飾っている、
そんな関係なのでリラックスした雰囲気の中、
和やかに撮影はすすみました。

 

~Reception at pm15:30~
お二人のお兄さん・お姉さんご夫妻が受付を担当してくださいました。
(souさんのお姉さん夫妻は、私たちのお店で結婚式を挙げてくださったんです)

 

~ Garden Ceremony at pm16:00 ~

 

~ Aperitif  Party at pm16:30 ~

挙式の後はゲストの方はフィンガーフード片手にアペリティフカクテルなど
ゆっくり楽しみながら開宴のその時をお待ちいただきます。

Souさんもmomoさんも無事挙式がおわり、ほっとした様子!
momoさんはお父様から姉妹に贈られた大切なイヤリングを身に着けて・・・。

そして、披露宴入場時にmomoさん手作り!
トレードマークのメガネ(-〇‐〇-)を身に着けてパーティ入場しよう~!と^^

「ゲストが笑顔でパーティをスタートしたい」
そんな人想いのお二人らしいアイディアに私たちスタッフも心躍りました!

2020-1010-のゾロ目の結婚式DAYのメガネ♪

良いお顔~!
これから始まる楽しい時間を予感させますネ。

パーティ会場では一人一人にあてたお手紙を読みながら”笑顔”が溢れます。

そして・・・「食事を楽しんでもらいたい」
お二人からのレストランらしいおてもなし、メインチョイスの時間!

披露宴当日に、肉料理2種からそれぞれ好きなメイン料理をお選びいただきます。
会場のボルテージもあがる時間です。

 

~ Wedding Party at pm17:00 ~

いよいよ「笑顔あふれるアットホームパーティ」の開宴です。

掴みはOK!(笑)

ウエディングケーキはシンプルな真っ白のケーキに秋のフルーツをチョロリ。
フルーツの量や載せ方、ケーキのフォルムなど何度もお話しながらバランスに拘りました。


~☆ 美味しい時間がはじまります ☆~

souさんの大学のご友人の愛のある面白いスピーチに、
会場内も笑いの渦。
「もうすぐスピーチですよ」とお声掛けにお席に伺ったら
もうすでに泣いておられました。
結婚式が始まってから 、もう感動で胸がいっぱい!と。

souさんは大学の友人だけど、社会人になってから人生の苦楽を相談してきた大切な友人だと
打合せで話してくれました。
そのことがスピーチから優しく伝わってきます。

momoさんの前職同期の方も、
同じくお声をかけた時には泣いておられました・・(笑)

やっぱりお友達も似ています。
気持ちの熱いご友人を持って本当にお二人は幸せだなぁと思います。

そして、この方も外せません!
souさんの元ご上司で大好きな先輩「祝福亭ハッピー様」^^
結婚式の日の為に、落語の余興を練習を重ねてご用意してくださった素敵な先輩です。

賑やかなご披露宴の前半もあと少し・・・
お二人共大切なご友人を指名し、お色直しへと進みます。


momoさんがとても気に入ってくれている”メゾンドタカ芦屋のNight time”
陽の移り変わりが素敵だと、この夕暮れの時間を選んでくれました。


 


~ Wedding Party  at pm18:45 ~

Party後半、新郎新婦プレゼンツ!
Souさん&momoさんに関してのクイズ*勝ち残り戦*から始まりました!

全員個人参加で4択の札から答えを選び、最後まで正解しつづけた方の勝ち。

二人が楽しみに楽しみにしていた”ゲスト全員参加”のイベント。
ディスタンスを保ちながら賑やかに時間を楽しむことができたんじゃないかと思います。

そして
「ふたりのことを知ってもらいたい」という、
souさんmomoさんの願いの1つも叶えられたはず。

Q1、出逢う前のやりとりで新婦がびっくりしたことがあります。それはなんでしょう?
Q3、普段は自己主張しない新婦が初めて自分から行きたいといった場所はどこでしょう?
Q5、結婚して一緒に住んでから新郎が感じたことはなんでしょう?

など、
クイズはこんな感じで”ふたりネタ”なので、答えていくたびに二人をもっと知ることができます(笑)

Q3の答えは「ボクシング」なのですが、村田選手がお好きなmomoさん。
彼の姿勢の素晴らしさやエピソードトークに熱が入りすぎて
souさんに止められるくらいでした(驚)

お二人もマイクを持ち、楽しいトークを繰り広げ時間が足りないくらい
本当に楽しいひと時でした。

ゲストに喜んで笑顔になってもらいたいと、アイディアはお二人が出し合ったもの。
1つ1つ札を作ったり、クイズの中身も練り、
夫婦の息の合った所をゲスト皆さん見ることができましたと思います。

今思い返しても目頭が熱くなります。

本当は出席してほしくてほしくてたまらなかった、
momoさんの地元長崎の友人たち皆からの映像が届きました。

今回結婚式を挙げるにあたり、1番悩んで苦しんだのはお友達の事だと感じていました。
遠方のご友人のため、momoさんが悩んで悩んで出した結論でしたが
お招きできなくてもやっぱりお友達にはしっかり想いが伝わっていました。

長崎のご友人「ほくよーず」から最高のムービーが!
星野源の「ドラえもん」をもじり・・・「モモえもん」♪

今までの仲間の思い出を楽しい映像と歌と、そして後半は温かいメッセージを添えて。
会場全体が笑いと感動に包まれました。

私も、何度も何度も事前に映像を拝見していましたが、
momoさんの幸せをこんなにも願ってくれるお友達のあたたかさに、
胸が熱くなり涙がでてきました。



(お1人だけ長崎から共に上京していた地元のご友人が、
しっかり「ほくよーず」の皆さんにリモートしてくれていました!)

 

~ Garden Night Party   at pm19:15 ~



煌く時間。
お食事をデザートまで召し上がっていただき、その後に
食後のひと時”ディジェスティフタイム”をナイトガーデンでお楽しみいただきました。

パーティのお開きには
ご両親に向けてのお手紙の形ではなく、
今日ふたりのために集まってくださった”ゲスト全員”に向けて
感謝のお手紙を読むことを二人は選択されました。

もちろん、ご家族への感謝もお伝えした上で。
丁寧に言葉を紡いで、飾らずsouさんmomoさんらしいお手紙でした。

きっと、この場に居た誰もがそんな二人の誠実な想いを
それぞれの想いで受け止めていたことと思います。


賑やかで感動的で、ふたりのセンスの良さも随所に見られる、
お二人だからこその結婚式の1日でした。

「笑顔あふれるアットホームパーティ」
そのテーマ通り、それ以上だったと思います。

momoさんからは、
身に余るほどの言葉をいつも掛けて頂いて、
こちらが赤面してしまう程真っ直ぐな想いを届けてくれる。
私たちがどれだけ応えられたか・・と思うくらい。

結婚式の後に

「大変な年に、無事に入籍し結婚式を挙げられた事は
私にとって大きな大きな救いでした。」

と言ってくださいました。
その言葉や気持ちが私にとっても大きな救いでした。

お二人にとって、かけがえのない人生の1日のお手伝いをさせて頂けたこと。

Souさんとmomoさんという人に出逢えたことを本当に幸せに思います。

コロナ禍での結婚式。
皆さん状況やご事情が違う中で、
自分たちの正解を見つけるために本当に頑張っています。

少しでもお二人のお役に立てていたならば、とても幸せなことです。

これからもsouさんとmomoさんらしく、
前向きに、お互いを助け合い、笑いも忘れず・・・、^^
創造的な関係でいてくださいね。

またいつの日か、
お互いの家族とのんびりご飯行きましょうね!

Thankyou for everything!